2017年10月20日金曜日

苔玉づくり


 今週の共同作業では、苔玉づくりを行いました!

 昨年の共同作業では行われなかった為ほとんどの学生にとって今回が初めての体験となりました。
 今大変流行しておりキットなども発売されていますが、今回はそんな苔玉の作り方をご紹介致します。


 まずは、土を作ります。



 使うのはケト土と呼ばれるものです。
 これは湿地でとれる土で、粘りがあり水を含むと粘土のようになります。

 これに水を加えこねた後、赤玉土を混ぜます。
 今回はケト土:赤玉土=31 の割合で混ぜました。
 植物を包みやすいよう、水は少し多めに加えるのがコツだそうです。


 本当に粘土のようになりました!
 次はこれで植物を包んでいきます。

 回は、小さな観葉植物を使用しました。
 ハイドロカルチャーという方法で栽培されたもので、ハイドロボールという大玉の土に植えられている為鉢から抜くだけで簡単に植物体を取り出すことができました。


 このまま先程作った土で包んでいきます!
 手に土を広げ、その上に植物体を乗せて根を包み込みます。この土の上から苔を巻いていくので、少し小さめに作ります。


 土でくるんだだけでもかわいいですね!
 植物の種類によって土の大きさやかたちを変え、それぞれが工夫を施していました。

 綺麗に丸く作るのが難しく、また綺麗にできたと思っても上手くまっすぐ立たなかったりと、この時点でかなり苦戦しました


 しかしこの次、できたものに苔を巻いていく作業がもっと難しかったです
 今回は水苔を使用しました。先程土で包んだ時のように、水苔を手に広げ包んでいきます。



 とても大きくなってくる為、手の小さい私はとても大変で、どうしても先生のように上手く水苔を乗せられませんでした

 ギュッと手で押さえたら、釣り糸を巻いて固定していきます。
 土が見えないように水苔を足しながら、全体のかたちを見ていびつなところを修正しながら、釣り糸が見えないようにきつく巻いていきます。

 気になる部分があると永遠に巻き続けられるため、元々用意していた長さでは足りなくなっていた人もいました()


 釣り糸を縛り、タグをつけたら完成です!
 お盆の上に乗せるとそれらしく見えますね

 きれいな苔玉を作るのは大変難しかったですが、自分で作った植物ということで大変愛着が湧きますね。
 今度は好きな植物を使って趣味として苔玉作りに挑戦したいです。
 皆さんも是非作ってみてくださいね!


 今回作った苔玉は、113日に開催されるセンター祭で販売されます。
 いくらの値がつくのでしょうか
 自分達の作ったものが店頭に並ぶということでとても楽しみです!



(学部4年:緒方)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
花卉・苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、

人気ブログランキングへ

ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

花卉・苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→fc-naeseisan@office.chiba-u.jp ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

2017年10月19日木曜日

一か八か


7月下旬に播種したストックが一斉に開花しました。















想定よりも矮化剤の効果が低く、少し背高ノッポになってしまいましたが、
茎はしっかり太く、花はボリュームばっちりです。














しかし、中にはこんなスッキリした株も。。。



















こちらは、一重のストックです。

花弁は、アブラナ科らしく4枚。
八重咲きの株と比べると、草丈が高くなり、蕾は細長く、花持ちはしません。

豪華な八重は切り花としても花壇苗としても人気が高いですが、
一重は花弁が早く散り種子を形成するため、緑部分が目立ちあまり見栄え良くありません。



















八重率の高い品種でも、何割かは必ず一重の株が出てきますが、
園芸的価値が低いことから、幼苗時に鑑別されて一重は淘汰されてしまい、
結果、一般で目にすることはほとんどありません。

でも、一重は一重の良さが!
花は、楚々として可憐ですし、咲き終わってからも枯れが悪目立ちしません。
種子ができるので、もしかするとコボレダネで増えるかもしれません(育てたことはないですが)。
それに八重は花が重く倒れやすいのと比べると、
真っ直ぐ立っていて草姿が整っている印象です。

珍しいからか、直売所でも売れ行き良好でした。



八重は咲き終わって茶色く変色しても茎に残りやすいので
花茎を切り戻すなどこまめに手入れが必要となります。


















種子もできません。
開花が進むと株のバランスも崩れがちです。




一重も八重も一長一短あって、
『みんな違ってみんないい』だなぁと思うところでした。






(池田)






~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
花卉・苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、

人気ブログランキングへ

ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

花卉・苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→fc-naeseisan@office.chiba-u.jp ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ロシア・ウスリースク訪問 その1


 半袖でも過ごせていた日々は何時の事やら、防寒具を引っ張り出してこなければならない季節となりました。
 そんななか、私を含む花卉園芸学研究グループの3名は、もっと寒い地方へ出向いていました。
 タイトルにもありますように、ロシアはウスリースクへの訪問です。


 訪問の目的は、文部科学省における支援事業に採択された「極東ロシアの未来農業に貢献できる領域横断型人材育成プログラム」のため…というと全く分かりませんが、簡単に述べるなら、日本とロシアの大学間での学生交流および研究協力に向けての派遣団として向かいました。

 第一次派遣の滞在日数は10日間。
 こちら側は、わたくし安藤のほか、特任研究員・博士後期課程である新藤さん、学部3年生の本田くん、そして主に通訳をお願いして同行いただいた特任研究員の野口さんの4名です。

 訪問先の大学における相互の大学紹介や、ロシア極東沿岸地方における農業・他関連施設の見学を行い、その過程で学生同士の交流が行われました。

 今回から数回分に渡って、訪問目的の内容のほか、ロシアでの興味深かった出来事など、いくらかご紹介できればと思います。(園芸と無関係な話題も多々ありますが、ご了承をば…)


 初日の夕方、我々は日本を出発して、ロシアはウラジオストック空港に到着しました。



 こちらはお昼の写真ですが、現地では薄暗くなっている頃に到着です。
 時差はなんと1時間のみ、ほとんど時差ボケもなく日暮れほどには入国手続きを済ませました。

 空港では、今回の訪問先である「国立沿岸地方農業アカデミー」の学生さんがお出迎え。
 車に乗り込み、農業アカデミーのあるウスリースクへと向かいました。


 皆様はウスリースクという地名をご存知でしょうか。
 正直、私自身は全く知りませんでした…。
 極東沿岸地方では、ウラジオストックに次ぐ第二の都市と呼ばれているようです。

 ウラジオストックが海に面した水産業の盛んな地方であるならば、ウスリースクは交通の要所として農業や交易の盛んな地域です。
 そのウスリースクにある農業アカデミーでは、沿岸地方における農業生産ほか、動物学、エンジニアリング、土地活用など様々な分野について教育・研究を行っています。



 こちらの農業アカデミーの学生寮が今回の宿泊先です。
 日本の学生寮よりも大きく、多くの人が過ごせるようになっています。

 これはロシアの大学において、新卒の高校生だけでなく、新たな事業を起こすために仕事を一旦終えた方なども入学することが珍しくないためで、ご家族も一緒に住まうことができるようになっているのではと考えられます。(単純に学生数も多そうですが…)


 寮に到着後、農業アカデミーの食堂にて夜ご飯をいただきました。


 初日の夜は、ロシア料理というよりアジア向け?の料理ということでしたが、ここの食堂の料理は全てとても美味しく、滞在中の食事が楽しみで仕方ありませんでした。

 その後は寮にて、次の日の農業アカデミーでの千葉大学の紹介を行うための発表内容を確認しながらロシア初の夜をゆったり過ごしていました。
 そして次の日の朝、思いもよらぬ衝撃が…。

 と、何も始まっていないと思いつつ次回へ引っ張ったところで、今回はここまで。


安藤匡哉


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
花卉・苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、

人気ブログランキングへ

ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

花卉・苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→fc-naeseisan@office.chiba-u.jp ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

2017年10月17日火曜日

栽培育種学実験がスタート

 秋晴れは何処へやら...雨ばかりで、なんだかシャッキとしない日が続いています。今日は、そんな天気が続いている中でも、フレッシュな学部3年生の栽培育種学実験について、ご紹介します。
 栽培育種学実験は、研究室の分属が決定した学部3年生に対し、基本的な実験方法等を学んでもらうための授業です。
 今日はその第2回目として、「実験に関する諸注意と基本操作」と題し、安全かつ正確な実験を行うための基礎について、授業を実施しました。具体的には、試薬の種類と危険性の判別、試薬の管理方法、廃棄物の処理方法、正しい実験器具の使い方と洗い方などなど、入門編として、様々な内容を説明しました。

試薬を大学の電子管理システムに登録する様子

 何事もそうですが、余裕がなくなると、精度が下がったり、ミスが多くなったりします。そのことが実験においては、重大な事故に繋がりかねません。まだ実験が開始していない時期に、基礎をしっかり学ぶことで、安全かつ正確な実験手法を身に着けてもらえればと思っています。
 また、職員にとっても、安全衛生の観点から、実験環境を見直すと、改善したい点があちらこちらに...仕事は増えますが、学生さんならびに職員の安全衛生の向上のために、今年の大掃除は、ビックイベントになりそうです。
黒沼


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
花卉・苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、

人気ブログランキングへ

ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

花卉・苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→fc-naeseisan@office.chiba-u.jp ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

2017年10月16日月曜日

初めての出荷調整 ~園芸学科2年生の実習~

先週の水曜日に園芸学科2年生の実習で、パンジーとビオラの出荷調整を行ないました。トレイがトラックに積み込まれる画像が長嶋技術職員が書かれたブログに紹介されていましたね。柏の葉キャンパス近くにある花市場へ出荷されました。

じつは、7月にこの2年生の実習でパンジーとビオラの播種を行ないました。一連の播種作業を理解するために、セルトレイに1粒ずつ手播きで行ないました。覆土と灌水だけは機械で行ないましたが・・・。

播種してからすぐに夏休みに入ってしまったので、とても残念なのですが、学生さんはその後の発芽や生長の様子も、栽培管理にも関わることができませんでした。その間、一生懸命管理したのは池田技術職員!

ということで、先週の実習は播種後から、出荷に至るまでのその間の栽培管理の長い過程を説明した後、出荷調整の説明を行ないました。
出荷適期のポット苗の見極め、配色、高さ、花の向き、花がら摘み、黄変した下葉の除去、トレイへの詰め方、その後の灌水方法、市場のこと・・・・、説明することが沢山ありました!

ほとんどの学生さんは、このような出荷作業は初めての経験のようでした。ご自分で選んで詰めた植物に市場で値段が付けられるとなると、いつになく皆さんも真剣に取り組んでいたように思えました。その様子は・・・

開花したポットを選んで。


詰めたすべての花と目が合ったらOKですが・・・、
ちょっといろいろなところを向いていますね~。向きを揃えて!


ビオラの蕾と咲き終わった花の見極めが難しかったようです。


今回は、時間をかけてできるだけ丁寧な作業を行なって貰いました。時間はかかっても、園芸業界で活躍できる確かな目と基本的なスキルを一つずつしっかりと身に付けて欲しいものです。さて、市場でのセリ値はいかに・・・?

(渡辺 均)



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
花卉・苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、

人気ブログランキングへ

ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

花卉・苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→fc-naeseisan@office.chiba-u.jp ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

2017年10月13日金曜日

秋の香り

久しぶりにブログを執筆します、修士1年の王啓陽です。
肌寒い季節になってきました。松戸キャンパスでは、モクセイの甘い香りを感じることができます。
モクセイ(Osmanthus fragrans Lour.)は中国原産の常緑小高木で、中国名は桂花と呼ばれています。私も子供のころから、親しみのある香りです。

モクセイは金木犀(キンモクセイ:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)と銀木犀(ギンモクセイ:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)が代表的な種であり、キンモクセイはオレンジ色の花、ギンモクセイは白あるいはアイボリーの花を付けます。ちょうど今頃の9月下旬〜10月中旬に香りを楽しむことができます。幹は淡灰褐色で、樹皮は縦に裂け目ができます。葉は対生して、葉身は革質で、楕円形です。

キンモクセイ

ギンモクセイ

庭や公園などで観賞用に植えられていますが、中国でお茶やお菓子にもよく使われています。
モクセイの香りは、秋の深まりを感じさせてくれますね。

修士1年:王

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
花卉・苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、

人気ブログランキングへ

ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

花卉・苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→fc-naeseisan@office.chiba-u.jp ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

2017年10月12日木曜日

お知らせ

昨日、園芸学部2年生の実習で、パンジーとビオラの出荷調整を行いました。

60名の実習で60トレイ分を作りました。
調整した花苗は実際に市場に出荷し、
いくらで競り落とされるかを毎年確認しています。

市場ではもちろん品質が良いものが高値で取引されます。
病害虫が無く花がらなどがきちんと手入れされているかというのは最低限のことで、
株張り、開花数の他、高さがそろっているか、花が正面を向いて綺麗にそろっているかなども評価の対象とされます。
希少性の高い品種やその品目が通常出荷される時期よりも早く出荷されていることなども高い評価を得ます。

一方で、品質の良い苗であっても、その品目その品種が他の生産者の出荷物と重なり、同時期に大量に出荷された場合などは価格が下がります。




千葉大生の調整したパンジーは年1回、この時期に出荷されます。
昨年は高い評価を得ていました。
今年はどうでしょうか?

~~~さて、話は変わりますがここでお知らせです~~~その~~~

フィールドセンター内の売店「緑楽来(みらくる)」で
ミニバラ'姫乙女'の販売を始めました。

姫乙女は淡いピンクのかわいい極小ミニバラです。




みらくるは平日13時から16時まで開店しております(第1・3水曜定休)。
ミニバラは無くなり次第終了となります。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

みらくるのHPはこちら
→http://www.fc.chiba-u.jp/mirakuru/

・・・これはもう買いですね!

~~~~~~~~~~おしらせ~~~その~~~~~~~~~

11月3日(金)(文化の日)
「センター祭2017」が開催されます。

詳しい情報は、もう少ししたら、
千葉大学環境健康フィールド科学センターのHP内(→http://www.fc.chiba-u.jp/)
でご案内いたします。

今年も花卉・苗生産部は沢山の花を出品します!

・・・これはもう行くしかない!!
~~~~~~~~~~おしらせ~~~その3~~~~~~~~~

12月2日(土)
シクラメン祭の開催です。

今年も石井技術専門職員と学生さん、パートさん達が
丹精込めて作り上げた至高のシクラメンが出品されます!

・・・これはもう早い者勝ちです!!!
(長嶋)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
花卉・苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、

人気ブログランキングへ

ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

花卉・苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→fc-naeseisan@office.chiba-u.jp 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・